AIエンジニアの求人は未経験でも転職可能|エスタイルは積極採用中!

株式会社エスタイル

2023年になり、今年こそはスキルアップを目指したり、やってみたい仕事に転職したい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

特に、今注目されているAIエンジニアは将来性があり、社会貢献度が高い職業なことから転職を目指す方が増えています。

しかし、未経験で転職をするとなると、なかなか求人が見つからず苦戦してしまいがちですよね。

結論から言うと、AIエンジニアの求人は未経験募集しているところもあります!

ぜひ未経験の方もチャレンジしてみましょう!

▼エスタイルは未経験でも積極採用中!

▼エスタイルの業務や環境が知りたい人はこちらも参考にしてみてください!

目次

AIエンジニアの仕事内容

AIエンジニアの仕事内容は、様々ではありますが主に大きく分けると2つの分野があります。

1つ目は、AIを使った分析データを解析しクライアントの問題解決に貢献する業務です。

所謂AIデータを使ったコンサル業務のようなものです。

プログラミングなどの技術や、統計学などの数学的な知識を使ってデータを扱うため、専門的な勉強が必要となってきます。

2つ目は、機械学習によってシステムや複雑なアルゴリズムを実装する業務です。職種によっては、クラウドサービスの運用を行う職種もあります。

所謂エンジニア業務のようなものです。

エンジニアリング能力やシステム開発に関して高い技術が求められるため、専門的なAIエンジニア業務を目指すのであれば、より勉強が必要となります。

AIエンジニアの求人はどんな種類がある?

そもそも、AIエンジニアは業界では、あまり使われない言葉だと知っていますか?

理由として、AIエンジニアという括りにすると職種が幅広くなるからです。

例えばAIエンジニアと呼ばれる職種は下記の通りです。

  • データサイエンティスト
  • 機械学習エンジニア
  • データエンジニア
  • データアナリスト
  • データアーキテクト

ですので「AIエンジニア 求人」で調べて色々な募集があったとしても、AIエンジニアのどの職業に興味があるのかが分からないと転職活動を進めにくくなってしまいます。

職種によって、高度な機械学習のスキルを求められるものもあれば、ビジネス力やコミュニケーション力を求められるものもあります。

求人募集に応募したとしても、AIを使った業務を深掘りしていかないとミスマッチを起こしてしまうリスクもあります。

エスタイルはAIエンジニアの求人募集中!

当メディアを運営するエスタイルでも、AIエンジニアの求人を募集しています!

エスタイルのメンバーは、9割以上は業界・職種未経験です。

しかも、前職はWEBディレクター、研究開発職、大工、役者、教師などAIに関して縁がない職種のメンバーばかりですが、現在はAIエンジニアとして活躍中です!

もちろん、導入研修も行っているため、入社後もAI・データサイエンス人材として必要なスキルを身に付けることができる環境を整えているのでご安心ください。

コンペで好成績を残していたり、ある程度知識が身に付いている方であれば、最短で2ヶ月で研修が終わりすぐにAIエンジニアとして活躍することができます!

AIに対しての学習意欲が高い方はぜひご応募お待ちしております!

求人募集している仕事内容

では、AIエンジニアの中で現在募集している求人をご紹介します!

職種によって、業務内容も異なるので自分がどの業務に向いているのかチェックしてみましょう。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、IT技術を使ってデータを分析し、クライアントの課題の把握〜解決の提案までを行っていく業務です。

AIエンジニアの業務の中でも、正しいデータを扱う技術とビジネス力の両方が求められるためどちらも苦としない方に向いていると言えるでしょう。

統計学や数学的な知識を使うため、論理的に考えることが得意な人や数学が得意で、数字から分析するのが好きな方は相性が良いですね!

データビジネスアーキテクト

データビジネスアーキテクトは、主に顧客折衝やプロジェクト管理などに携わる業務です。

エスタイルが独自で求人募集しているポジションで、どちらかというとビジネス寄りの業務となります。

そのため、接客業や営業職に就いている方に向いていると言えるでしょう。

AI技術も学びつつ、クライアントに貢献したいと考えている方はぜひご応募ください!

BIエンジニア

BIエンジニアは、データアナリストと呼ばれることもある業務で、主にAIデータを使ってクライアントの問題解決を行っていく業務です。

BIエンジニアは、データ加工や分析を効率的に行うBIツールを活用してデータの傾向を掴み、ビジュアライズ化していきます。

データサイエンティストと業務内容は似ていますが、最新の機械学習モデルや、クラウドサービスなどに対する技術的な内容への興味をあまり必要としないです。

そのため、ビジネスマンとして活躍したい方におすすめです。

未経験がAIエンジニアの求人に採用されるコツ

専門的な知識や技術が求められるAIエンジニアですが、未経験でも転職は可能です。

しかし、未経験で全くの知識がないまま応募してしまうと、面接に行っても落とされる可能性が高いでしょう。

未経験がAIエンジニアの求人に採用されるコツとしては、応募前に知識や実績をある程度身に付けておくことです。

例えば、本でAIエンジニアの勉強を行ったり、資格を取得したり、コンペで実績を出したりといったアクションが求められます。

特に資格の取得やコンペでの実績は、客観的に自分のスキルをアピールすることができるため未経験の求人からの転職が有利になるでしょう。

仮に、全くの知識がないまま応募して採用されたとしても、その後業務に就きながら高度な勉強を続けなければいけません。

AIエンジニアの業務内容そのものが専門的な技術や知識を必要とし、スキルがなければ業務が成り立たないと言っても過言ではないからです。

そのため、転職しても辛いと感じてしまい苦痛になる可能性が高いです。

AIエンジニアに転職するならエスタイルへ!

未経験でAIエンジニアに転職するなら、ぜひエスタイルにご応募ください!

  • データサイエンティスト
  • データビジネスアーキテクト
  • BIエンジニア

といった、ビジネス面で活躍できる求人が揃っているので、現在の業務によってはスキルを活かしてすぐに活躍できる可能性もあります。

皆様からのご応募お待ちしております!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる